魔性のサッ●ロポテト

  • 2019.05.17 Friday
  • 19:17

家のトイレに入ったら、床の上に、カルビーのサッポロポテトの空き袋(言わずもがな食べ終わった後の)が放置されていた。見つけた瞬間、思わず固まった。

 

自分ではない。この家は私と夫の二人暮らしである。となれば、犯人は一人しか居ないではないか。

 

あの人、トイレでスナック菓子食ったの?マジ?

 

「便所飯」という言葉がある。友人の居ない、もしくは一人が好きな学生が、人目を避けてトイレの個室にこもり弁当を食べる行為を指す。

 

故に「便所飯」という言葉には何となく物悲しさが漂うが、対して「便所サッポロポテト」はどうだ。もはや欠片の悲壮感も無い。本来ならば孤独をかこつはずのトイレで飯を食うという行為で、あえてサッポロポテトを食らう。別にリビングで談笑しながら、くつろぎながら食べて良いはずのサッポロポテトを、あえて孤独にトイレで食す。その行為には、もはや堂々とした威厳すら漂うではないか。孤独を恐れずむしろ味わい尽くす、王者の風格だ。

 

いや、やっぱただ単に不衛生だから止めてくれや。

 

そんなことを思いながら、でも心のどこかでは、流石にトイレでサッポロポテトを食べたわけではないだろうと思っていた。トイレの床に袋が転がっていたのは、何か他に理由があるのだろう。ゴミをまとめようとして、トイレにまでゴミを持ってきちゃったとか、何かそんな感じで。だってトイレでサッポロポテトを食べるとか、流石に意味わかんないし。

 

聞いてみた。ものすごく自然にあっさりと、「うん、食べたよ」と頷かれた。

 

何て???

 

こちらの目が点になる。食べたの?マジで?もう一度問うと、夫はまたもごくごくあっさりも、「うん、食べたよ」と全く同じように頷いた。

 

「食べ……え?マジで?トイレでサッポロポテト食べたの?ほんとに?え?」

「うん、食べたよ。俺、トイレでサッポロポテトを食べたよ」

 

私は混乱した。想定していた答えと、相手の反応がまるで違う。

 

正直言って、夫が本当にトイレでサッポロポテトを食べたとは思いもしていなかった。必ず、他の理由があるのだと思っていた。

 

だから、私に勘違いをされて慌てふためいて、「違うよ〜!」などと必死に言い訳をする夫を、からかって遊んでやろう。そういう腹づもりだったのだ。ただただ単に、新しいおもちゃを見つけた子どものような、そういう気持ちだったのだ。

 

「うん、食べたよ」

 

だが夫はもう一度、至って普通の顔で、平然と頷きながらレコーダーのように先ほどと同じ言葉を繰り返した。いや、この人サイコパスか?

 

や、でも。私は立ち止まって考え直す。もしかして、夫にとってはそれが普通なのか。普通と言わずとも何か、それまで過ごして来た地方の習わしというか、「五月の上旬にトイレでサッポロポテトを食べると一年間健康に過ごせる」とか、そういう独自の風習がある地域で暮らしてきた可能性もある。あるか?マジで?いや、わからないけど、無いではない。無いではないなら、あるではないか!

 

「何で、トイレでサッポロポテトを食べたの?」

 

ほとんど文化人類学者のような気持ちで、私は夫に問いかける。夫はぼんやりと首を傾げながら、訥々と答えた。

 

「んー、なんか、トイレでサッポロポテトを食べたことって、今まで無いなあ……ってふと思って」

「そりゃあ無いと思うよ」

 

思わず声に出た。夫は事も無げに頷く。

 

「うん、だから、食べてみようかなって思って」

「???」

「食べながらトイレに入って、便座に腰掛けたまま、食べ終わったんだけど。そしたら、袋だけ忘れて置いてきちゃったみたい。ごめんね」

「??????」

 

夫はバツが悪そうに、少しだけしょんぼりしている。後片付けをちゃんとしなかったのを今になって気にしているらしいが、あいにくこちらはそんなこと気にもならないくらい、頭の中が疑問符でいっぱいだった。

 

やべえ、家族が何言ってるのか全然わかんねえ。

 

こちらの混乱にはお構いなしに、夫はもうこの話題は終わったとばかりにのんびりとコーヒー牛乳を飲んでいた。誤解されるといけないから一応、強調して伝えておきたいのだが、普段の夫は非常に良識的な人である。マイペースでいやにキャピキャピしたところはあるものの、話の受け答えもしっかりしている。むしろ一般的に言うと非常識な性格をしているのは私のほうで、一緒に暮らしていると本当に助けられることばかりだ。

 

それなのに、今のこの状況は何だ。何故こんなにも会話が成り立たない。サッポロポテトか。サッポロポテトのせいなのか。あの美味しさが、魔性のようにこの人を駆り立て、奇行に走らせたのか。

 

「いやあ、でも」

 

サッポロポテトの知られざる魔力におののき、打ち震えることしかできない私に、夫はのんびりと笑ってこう言った。

 

「トイレでサッポロポテトを食べるのって、なんか汚いねえ。もう二度としないと思うよ」

「当たり前だわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人の少女が、メロス(全裸)にユニクロのイージーケアストレッチクロップドパンツを捧げた。

  • 2019.05.07 Tuesday
  • 21:21

気がつけばユニクロの店員みたいな格好をしていることが多い。服装をユニクロに頼り過ぎていて、クローゼットの中の服を適当にとって身につけるだけで、意図せず全身ユニクロコーデが完成してしまうのだ。

 

もともと洒落っ気が薄いせいもあるが、今は通勤が私服のせいもある。ユニクロ以外で服を買おうと思っても、通勤にも使える服…と思って探すと、いつのまにか自然とユニクロに行き着いてしまうのだ。

 

とにかくユニクロに通い詰めているので、オシャレには疎くともユニクロには目敏い。メロスには流行がわからぬ。けれどもユニクロの新商品に対しては、人一倍に敏感であった。

 

あるとき職場で女性の上司が、ユニクロのパンツを着ていた。そのときたまたま、メロスも同じパンツを履いていた。もちろんすぐに気が付いた。あっ、あの人が履いているの、ユニクロのイージーケアストレッチクロップドパンツだ!

 

服の被りに気付いても、メロスは激怒しなかった。ユニクロのヘビーユーザーにはありがちなことだからである。メロスはむしろ歓喜した。お揃いですねウフフ、と声には出さずにこやかな視線を送って、割と大事めの打ち合わせ中だったので何ニヤニヤしてんだと小突かれた。

 

かようにユニクロで発生する不意の双子コーデには慣れたものであるが、ついこの間、とある飲食店に行ったときには少々ヒヤリとする目に遭った。

 

そのレストランでは女性のウエイターさんたちが、5人くらいで忙しそうにホールを回していた。そしてどうもそれが制服の代わりらしく、全員後ろで髪を一つにまとめて、ユニクロのストライプのワイシャツとユニクロの黒いパンツを身につけていたのだ。

 

偶然にも私はそのとき、髪を後ろで一つにまとめてユニクロのストライプのワイシャツとユニクロの黒のパンツを身につけていた。店員さんたちと全く同じ格好である。いや、こんな偶然ある???

 

咄嗟に危ぶんだのは、他のお客さんに店員と勘違いされることである。折悪しくランチタイムで、店内はかなり混んでいた。しかもランチセットにはドリンクバーが無料で付いており、デトックスウォーターとかフレッシュフルーツジュースとか初めて見るハーブティーとか、種々の小洒落たドリンクが様々に用意されていた。

 

絶対全部飲みてえ。メロスは、必ずこのドリンクバーを全制覇せねばならぬと決意した。

 

そういうわけで、店員と全く同じ格好をしているにも関わらず全く店員ではない謎の女が、テーブルとドリンクバーを何度も往復して店内をウロウロウロウロ歩き回るはめになった。これはかなりの混乱を誘った。都合4回は声を掛けられただろう。

 

想像してみてほしい。ドリンクバーで「コーヒー切れてるんでけど…」と声を掛けた店員が、「はあい」と返事してから普通に客席に戻って行って、やおらに飲み食いをし始める様子を。私だったら、ドッキリを疑う。

 

……何で「コーヒーくれ」に「はあい」つっちゃったのか自分でもよくわかんないんですけど、なんか何故かびっくりしちゃったっていうか……妙に照れちゃって……そしたら急にコミュ障になっちゃったみたいな……だから悪気はなくて……ごめんあのときのお客さん……。

 

メロスは、ひどく赤面した。

 

 

 

除霊され 山田と岩鬼は ウインナー

  • 2019.05.03 Friday
  • 16:31

それだけはマジでやめてくれやって感じの趣味に夫が目覚めてしまった。寝ている間に私の寝顔を勝手にスマホで録画して、コレクションしているのだ。

 

いや、やめてくれや頼むから。抗議したら、「まあ見てみなさいよ」と自信たっぷりに件の動画を見せられた。いや。人の寝顔をお出しするときに、そんな「本当に美味しい◯◯を食べさせてやりますよ」って言うときの山岡士郎みたいな顔をされても。しかもお出ししてるの当人相手だし。

 

見た。寝言が凄すぎてびっくりした。本当に全く記憶に無い。びっくりしたので、本人として衝撃を受けた順にランク付けした。まずは第三位から発表していきたい。

 

 

 

第三位  エクソシスト

 

寝言にランク付けしたと言いつつ、のっけから寝言じゃないんですけど、動画に映った自分がはちゃめちゃに白目を剥いていたのでびっくりした。目をカッと見開いて、その上で完璧に白目を剥いていた。ホラー映画でしか見たことない表情だった。

 

「おーい、たまさーん」

 

動画の中で、夫が私の名前を呼ぶ。すると眠っていて意識の無いはずの私が、ぐりん!と一瞬で眼球を回転させ、今度は黒目で真正面から、ひたすらじっとスマホのカメラを見つめた。

 

しばらくするとまた、眼球がぐりん!と回転し、瞬時に白目を剥く。呼びかけらるとまた、ぐりん!と眼球が回転して少しの間カメラと視線が合う。ぐりん!ぐりん!の繰り返しである。怖い。

 

自分はいつもこんなふうに白目を剥いて寝ているのか?と問うと、夫は頷く。

 

「最近は基本的にエクソシストみたいな感じだよ」

「基本的にエクソシストて」

 

除霊される側じゃないか。最近あまり深く眠れていないなとは感じていて、安眠できる方法とか色々調べたりはしていたんですけども。いやあこれでは安眠どころか除霊されて永遠の眠りに就いてしまいますねウフフフフフ誰が上手いこと言えと。

 

 

 

 

第二位  山田と岩鬼のBLの波動

 

この動画は最初、静かに白目を剥いて眠っているところから始まっていた。

 

何本か録画を確認してわかってきた。眠っている間の私は本当に、基本的に白目を剥いている。

 

「おーい、たまさーん」

 

旦那がまた呼びかける。また、ぐりん!がくるのかと思いきや、死んだように眠る私は白目を剥いたまま、突然口を開けて大声で叫んだ。

 

「山田ァ〜〜〜!!!」

 

まっっったく記憶に無い上に、しっかりと意識のある今、どんなに記憶を遡ってみても山田という名前の知り合いに、夢でその名を叫ぶような心当たりが無い。

 

こんなに高らかな勢いで山田の名を叫ぶ奴は、ドカベンの岩鬼くらいではないか。むしろ私は夢の中で、岩鬼になりきっているのではないか。

 

そして本当に記憶にないのだが、叫び終わった後で私は、少しの間だけむくりと起き上がり、気持ち悪い笑顔でちょっとはにかんだように笑った。何故。岩鬼はそんな恋に落ちたような顔はしないぞ。私よ、岩鬼よ。夢の中で山田といったい何があった。

 

 

 

 

 

第一位  ここで一句

 

これは覚えているというか、寝言を言っている最中の記憶は無いのだが、身に覚えはある。夫に揺り起こされて目を覚ましたからである。

 

「ねえ、今、『ソーセージ  実家に帰れば  ウインナー』って一句詠んでたけど、何……?」

 

突然起こされたと思ったらそんなことを尋かれ、いやそんなん言うわけあるかいと思ったが、録画を確認したらばっちり一句詠んでいた。白目ではなく瞼を下ろして、しっかりと目を閉じた、ものすごく安らかな顔で、

 

 

ソーセージ

 

実家に帰れば

 

ウインナー

 

 

と、その言葉の意味の重みや、音の響きを確かめるように、静かにはっきりと呟いていた。

 

 

いや。

 

そんなこと言われても。

 

意味も重みも全然伝わんねえが???

 

 

 

 

他にはなんかあれでした、ひたすらつっかえながら魏志倭人伝を暗誦しようと何度もトライしてるやつとかあって、それは意味わかんな過ぎて本気で怖かったです。

今から本気でプリキュアを目指す

  • 2019.04.11 Thursday
  • 13:53

めちゃくちゃ暇な話しても良いですか?

 

 

 

 

 

 

 

本気でプリキュアを目指したいと思ったんですよ。

 

正確には、本気でプリキュアを目指したいと思ったとき、人はどういう行動を取るべきなのか?ということを考えてたんですよ。

 

結論から言うと、生徒会長になるべきだと思うんですよ。プリキュアの生徒会長率、やたら高くないですか?

 

数えてみたわけでも何でもないんですけど、私の予想だと多分、青いプリキュアになれる確率が飛躍的に高まるはずなんですよ。普通に一般人やってるよりは。多くないですか?青のプリキュアに生徒会長キャラ。

 

ただそうなると大きな問題があって、当然ながら学生じゃないと生徒会長にはなれないんですよ。しかも生徒会がある学校となると、小学校や大学は駄目で、中学か高校に限られてくる。中学は義務教育なので今から入るのは諦めて、となると残されるのは高校なんですけど、一度高校を卒業した大人が別の高校に入学することは可能なのか?っていう懸念があって。

 

なので文科省のHPの高等学校入学資格Q&A(http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kaikaku/sikaku/1311012.htm)を参照してみたんですけど、引用すると、

 

 

Q3 一度高等学校を卒業している場合には、他の高等学校に入学することはできないのでしょうか。

 

A3

 法令上、一度高等学校を卒業した者の再入学を禁止する規定はなく、一度高等学校を卒業したことをもって、高等学校入学資格が無くなるものではありません。例えば、高等学校の普通科を卒業した者が、工業学科等の他の学科に入学することが考えられます。

 

 

 

とあるんですね。なので、一応私も高校には入学できるわけです。ただ自分はもう社会人でもあるので、収入源は確保しておきたい。仕事とプリキュア の両立を目指すなら夜間定時制の高校が良いんじゃないかなと思うわけです。

 

ただ、夜間部しかない定時制高校だと生徒数的に生徒会などの活動が存在しない可能性もあり、そうなると学校自体、ある程度規模が大きい方が良いのかなとも思うので、望ましいのは午前部・午後部・夜間部が揃った定時制高校に通うことです。

 

なので、今から本気でプリキュアを目指すんなら、三部制の定時制高校の夜間部に通って、生徒会に立候補し、生徒会長になるのが一番の近道なんじゃないでしょうか。

 

ただやっぱり、大事なのは同じ高校に通う生徒たちの気持ちかなというところはあって。かなり年上の社会人がいきなり「プリキュアになりてえ」という理由で生徒会に立候補してきたら、もしかしたら若い子たちは引いちゃうかな?とも思うんですよ。生徒会活動とプリキュア という二足の草鞋を履いて、この人はちゃんと生徒のために働いてくれるのかな?とか、不安もたくさんあるだろうし。こちらとしても、これからは生徒会とプリキュア 、学業に仕事と、二足どころか四足の草鞋を履いていかなければいけないわけだし。不安の種は尽きないわけです。

 

先生にも止められるかもしれない。職員室に呼び出されて、「せっかく高校に入ったんだ。今は学業に専念したらどうだ?」なんて、優しく諭されてしまうかもしれない。自分も自信が無いから、先生の前で唇を噛んでうつむくことしかできないっていうか。気持ちばかりが焦ってるのは自分でもわかってるんですよ。プリキュアになりたいって思いばかりが先走ってて。先生の言ってることが正しいのはわかってるんです。

 

誰も悪くない。先生も、友達も。みんな、私を心配してくれてるだけなんですよ。そこには優しさだけがあって。どんなに不器用な生徒でも、絶対に見捨てない。みんなで一緒に悩みながら、ひとつひとつ、丁寧に歩んでいく。そういう温かい学校なんです、ここは。

 

このまま我を通そうとしたら、大好きなみんなに迷惑をかけてしまうかもしれない。そう思うと躊躇いがありました。傷つけるのが怖かった。でも不思議なことに、同じくらい勇気も湧いてくるんですよ。みんなのためなら何でもできる、何でもなれるって、そう、力強く囁くんです。私の頭の中で。キュアエールが。いや、悪い薬がキマってきたとかじゃなくて。

 

生徒会長になりたい。プリキュアにもなりたい。そうしてみんなの笑顔と学校生活を守っていきたい。これが私のなりたい野乃はなだ!って、そう、心の底から思えるんです。

 

いや、私は野乃はなではないわ。ごめんそこは何でもない。

 

だから、何て言ったら良いのかなぁ……学校のみんなも結局は、私がプリキュア になりたいって言ったら、全力で支えてくれると思うんですよ。あとはもう、思いの強さ一つだけって言うか。心の底からプリキュアになりたいっていう、私の思いの強さ一つ。覚悟の問題なんですよね。だから私、決めました。生徒会選挙の日は、誰よりも力強く。みんなを不安にさせないくらい、大きく大きく胸を張って。笑顔でこう言ってやるんだって。

 

「私、プリキュアになりたい!プリキュアになって、みんなの笑顔を守りたい!それが、私のなりたい私だから!そのためにみんなの力を貸して!助け合って、支え合って……私はそうやって、みんなでプリキュアになりたいの!」

 

以上が私の考えた、今から本気でプリキュアを目指す方法です。ご静聴ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのな。

 

これ全部、仕事中に考えたんですよ。良い年した大人が。

 

 

 

 

 

 

な?

 

めちゃくちゃ暇だっただろ?

新藤さんの話

  • 2019.04.11 Thursday
  • 11:25

「わたくし、家に四歳になったばかりの娘がござい」みたいな顔をしながらスーパーで買ってきたプリキュアのお菓子が、けっこう家に溜まってきた。

 

家に四歳の娘なんて居るわけがない。居るのはキュア悟空とキュア八海山という、史上初のアラサープリキュアが二人だけである。

 

置き場所が無いので、神棚代わりに使っている小さな棚にグッズを飾ってみた。ちょっと異様な光景になった。神社でもらってきた御神札と、プリキュアのお菓子や食玩が、神棚という絶対に交わることの無い場所で並んでいる。

 

組み合わせ自体もミスマッチとしか言いようが無い上、本来は神さまの居場所であるはずなのに、プリキュアの圧で御神札やら何やらが完全に居場所を失くしている。何が主役の棚なのだか、もはやさっぱりわからない。むしろ、ちょっとした新興宗教の祭壇っぽさすら醸し出ている。私が神なら、確実に祟る。

 

そして今までブログにあげた情報を総合すると、我が家は神棚にプリキュア 、キッチンの背後には寺山修司、そして冷蔵庫の中にはピッコロさんがいることとなる。

 

かなりこう……隙の無い布陣になってきたのではないだろうか。家屋とした登ってはいけないステージを、一段一段、着実に上がっていっている気がする。上がっているのは家に人を招くハードルでは?という気がものすごくするが。

 

そんな我が家に、夫婦共通の友人がやってくることとなった。

 

大学のとき、バイト先で仲良くなった男の先輩だ。面白い人で、実は「はまちのはなし。」というタイトルの自分の小説に、この人をモデルにしたキャラを登場させたことがある。そのとき新藤さんという名前をつけたので、この日記の中では新藤さんと呼ぶことにする。

 

小説の中の新藤さんも変わった人だが、現実の新藤さんも変わった人だ。小説に書いた、新藤さんに「行きつけの店に行こう」と格好付けられてマクドナルドに連れられていった話などは、ほぼ実話である。カラオケの十八番はウルトラソウルだ。いや、十八番などとは言ってはいけないかもしれない。曲を流しても毎回適当にフンフン鼻歌を歌うだけで、まともに歌詞を言えるのは「ウルトラソッ!!! ハァイ!!!!!」だけである。新藤さんは、その後必ず「ドーン!!!!!」と叫ぶ。炎が爆発するのをセルフで表現しており、絶対にドヤ顔を決める。その表情に曲の全てを込めてくる。

 

そんな新藤さんが遊びに来てくれると決まったとき、我が家のプリキュアの祭壇と寺山修司のお面にどんな反応をするか、二人で密かに楽しみに思った。しかしいざやって来ると、新藤さんは祭壇にも修司にも気付かなかった。全スルーである。

 

後から発覚したが、結婚した後輩二人の新居に初めてやって来た新藤さんは、このときちょっと緊張していたらしい。多分、周りがよく見えていなかったのだろう。

 

「良いモン持ってきたんだよ……」と言いながらウイスキーを取り出し、一杯目でべろべろになった新藤さんは、他愛の無い世間話をして舌も温まり、ほどよく緊張もほぐれたのか、そこでようやく修司の存在に気付いた。

 

「えっ!!  だ、誰?」

 

飾り気のない疑問だった。ちびりと片手のグラスを傾けて、新藤さんはしばし修司と見つめ合っていた。

 

「えっ……だ、誰……?」

 

もう一度、新藤さんが怯えたように修司に問い掛ける。だが勿論、修司は返事をしない。お面なので。

 

「修司ですよ、寺山修司」

「え、親戚? 怖……」

 

旦那が説明したら、引かれた。その後も新藤さんは、背後の修司の視線をちらちらと気にしながら酒を飲んでいた。そのうちに飽きて、また世間話に戻っていった。酔い潰れてから、人の家のソファですごい寝相のまま寝た。

 

朝起きたら、祭壇に置いたプリキュアのフィギュアの向きが変わっていた。多分、黙ってちょっと触られた。腹が立ったので、新藤さんの枕元に修司を置いた。目覚めたときに小さく悲鳴をあげていたのが面白かった。

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

twitter

ツイッター

主な生息地は@Twitterです。

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM